四十肩は病院の何科にいけばいいの?

四十肩は病院の何科にいけばいいの?

病院に行くといろいろな診療科があります。そのため、何科を受診すればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。もし四十肩になった場合には、どこの診療科を受診すればよいのでしょうか。

 

基本的には整形外科

 

肩凝りや腰痛になった場合には、通常整形外科を受診します。整形外科というのは、ケガをしたときや筋肉、関節などに疾患がある場合に受診する診療科です。

 

肩が痛い場合や、炎症を起こしている場合には、整形外科を受診しておけば問題ありません。行きつけのクリニックで整形外科があれば問題ありませんが、ない場合には総合病院や大学病院などの大きな医療機関で検査をしてもらうべきです。

 

接骨院や整骨院ではダメなのか

 

接骨院や整骨院でも四十肩の治療は可能です。しかし、四十肩であるのかの診断ができないという欠点があります。なぜなら接骨院や整骨院を開業する場合、医師免許がなくても可能だからです。

 

そのため、四十肩であるかどうかの診断が難しくなります。しかも健康保険が適用されない場合が多いので、せめて初診だけは医療機関である整形外科で診てもらうべきでしょう。

 

神経内科や脳神経外科を受診する場合もある

 

基本的に四十肩は整形外科を受診します。しかし、腕や手の先がしびれる、頭痛やめまいがするという場合には、四十肩以外にも他の病気にかかっている可能性があります。

 

このようなときには整形外科ではなく、神経内科や脳神経外科を受診した方がよい場合があるのです。ただ最初は整形外科を受診すれば問題ないでしょう。

page top