四十肩の治し方のトリセツ

四十肩の治し方のトリセツ(NILPLUS)

四十肩の治し方のトリセツへようこそ!

 

四十肩とは、から原因、治し方などわかりやすく解説していくよ!

 

四十肩とは?原因はなにか?

 

四十肩になる原因はいろいろとあるのですが、実は詳しい原因はわかっていないと言われています。わかっているのは年齢と共になりやすくなることです。

 

四十肩かどうかの判断基準

 

四十肩というのは、肩凝りとは少し違います。では、どのように判断するのかというと、特定の動作ができるかできないかで判断するのです。どのような動作をするのか見ていきましょう。

 

まず両腕を真上に上げます。次に真横から真上に上げる動作をします。さらには両腕を背中に回すという動作と、両腕を頭の後ろに回すという動作をするのです。この動作ができない人は四十肩だと言えるでしょう。

 

四十肩の正式名称は肩関節周囲炎

 

四十肩というのは病名ではなく、肩関節周囲炎の総称なのです。40歳を超えたあたりで発症する人が多いので、このような総称が付けられました。肩関節周囲炎は肩周辺にあるいろいろな筋肉や腱が炎症を起こす病気です。

 

関節が滑らかに動かなくなると炎症が起こりやすくなります。しかし、他の原因については加齢によってなりやすくなること以外、まだ解明されていません。

 

わかっている範囲で予防する

 

四十肩が発症する詳しい原因はわかっていません。しかし、加齢以外にもストレスや疲れ、生活習慣の乱れや体の歪みなどが理由ではと言われています。

 

そのため、軽い運動や食生活の見直し、うまくストレスを解消する方法を見つけることや、姿勢をよくするなどの対策を立てて予防するべきです。これだけでも四十肩になる確率を下げることができるでしょう。

 

四十肩は再発するの?繰り返す原因は?

 

四十肩と五十肩、肩こりの違いは?

 

四十肩と五十肩は同じだと思ってよいでしょう。しかし、肩こりの場合は全く異なっています。そこで四十肩や五十肩と、肩こりの違いを見ていきましょう。

 

四十肩や五十肩は関節の炎症

 

四十肩と五十肩というのは、基本的に同じ病気です。主な特徴は、肩関節の部分が炎症を起こしてしまい、痛みが発生するという症状が出ます。

 

そのため、肩がだるい、肩が重いというような症状ではなく、明らかにズキズキとした痛みが発生するのです。これが四十肩と五十肩の主な特徴になります。

 

肩こりは筋肉が原因

 

肩こりというのは、肩の筋肉の血流が悪くなることで、肩が重い、肩がだるい、肩が張るという症状が起こります。そのため、四十肩のような痛みが発生することはないでしょう。

 

簡単に言えば筋肉疲労が主な原因なので、長い期間症状が出てしまうことも珍しくはありません。肩こりの原因は血液の循環が悪くなることや、目の疲れからも起こると言われています。

 

対策も異なる

 

四十肩や五十肩の場合には、それほど痛みがなければ放置しておいても大丈夫でしょう。ただし、痛みがある場合には、整形外科で痛み止めの注射を打つなどの対策が必要になります。

 

薬によって炎症を鎮めて徐々に回復させるという方法もよく用いられるでしょう。それに対して肩こりの場合には、内服薬や注射ではなく、塗り薬やシップなどの貼り薬で対策をするか、ストレッチなどで筋肉をほぐして、血流をよくするような対策をする必要があるのです。

 

四十肩の前兆・予兆とは?どんな症状が出るの?

 

四十肩の治し方

 

もし四十肩になってしまった場合、鎮静や痛み緩和の薬を飲むというのが一般的な方法です。しかし、他にも薬に頼らないで改善する方法がありますが、無理はしないようにしましょう。

 

効果的な体操を行う

 

四十肩を改善する方法の1つとして、体操を行う方法があります。体操の種類もいろいろあるのですが、四十肩体操をするなどの対策が有効的でしょう。四十肩体操というのは、肩関節をゆっくりと動かす方法です。

 

実は痛いからと言って全く動かさないと、筋肉が固まってしまい、治りが遅くなります。筋肉痛になったときには、少し動かした方がよいと言われているのと同じです。タオルなどを利用して腕をゆっくりと上げていき、左右に倒すという体操がよいでしょう。

 

何もしないのはよくない

 

よく四十肩は放置しておいても治るだから大丈夫という人がいます。もちろん放置しておいても治る人はいるのですが、全ての人が治るわけではありません。

 

人によってはかなり激しい痛みを伴う可能性もあるので、痛みが酷い場合には無理をしない方がよいでしょう。また、痛みが和らいでいるときには、四十肩体操をするなどの対策をするべきです。

 

痛いときには鎮痛や痛み緩和の薬を飲む

 

四十肩はときに激し痛みを伴うこともあります。このような場合、無理をしないで早めに薬を用いるべきでしょう。そうすることで治りも早くなることがあります。

 

もちろん市販の薬でもよいのですが、できれば医療機関を受診して、自分に合った薬を処方してもらうことをおすすめします。

 

四十肩に効く薬のおすすめ3選!痛み止め、市販薬の売れ筋は?

 

四十肩はいつ治る?発症から治るまでの期間はどれくらい?

 

四十肩は治らない病気ではありません。では、治るまでにはどれぐらいの期間がかかるのかというと、人によって大きく変わるというのが現状です。

 

遅くても2年から3年で完治する

 

四十肩は放置していても治る病気と言われています。しかし、人によって治るまでの期間というのはかなり差が出てしまうのが一般的です。もし何も行わなかった場合でも、9割前後の人は2年以内で完治すると言われています。

 

どんなに遅くても、3年あれば完治すると言われていますが、かなり長いことがわかるでしょう。しかし、いろいろな四十肩対策を行うことによって、大幅に早く回復させることができるのです。

 

完治するまでの期間を短くする方法

 

四十肩を1日でも早く治したいという人は多いでしょう。実は対策を行うことにより、かなり完治するまでの期間を短縮することができます。その方法とは、正しいリハビリを行うことです。

 

どのようなリハビリでもよいわけではなく、正しいリハビリを行わないと効果は出ません。正しいリハビリを行った場合、3ヵ月前後で完治した人もいるのです。

 

数日で痛みを緩和させることも可能

 

四十肩は完治するまでリハビリや治療をしても3ヵ月前後は必要です。しかし、痛みを緩和させることは数日で可能になります。その方法は、医療機関で治療をしてもらうことです。

 

痛みが酷い場合には注射を打つことになるのですが、我慢できる程度の痛みであれば、整形外科を受診してから1週間前後で痛みを緩和させることもできます。

 

四十肩の痛みを和らげる注射とは?効果や副作用は?

 

四十肩で痛みが激しい場合には、注射をして和らげることができます。しかし、注射の種類は1つだけではありません。

 

ブロック注射

 

通常四十肩の痛みを抑える場合には、ブロック注射を打つのが定番です。ブロック注射というのは、神経ブロックやペインブロックとも呼ばれ、一時的ですが神経をマヒさせる効果があるのです。

 

そのため、四十肩を治療するためではなく、一時的に痛みを抑えるために用いられる緊急時の注射になります。副作用も殆どなく、回復を早める効果もあると言われています。

 

ヒアルロン酸注射

 

ヒアルロン酸注射は、美容外科などで用いられています。しかし、四十肩にも効果が期待できると言えるでしょう。ヒアルロン酸というのは、関節部分の潤滑油のような役割を持っています。

 

そのため、ヒアルロン酸注射を行うことで、関節の動きをスムーズにしてくれるのです。その結果、関節への負担が軽減され、徐々に痛みが引いていくというわけです。ただし、効果が出るまでは時間がかかるでしょう。

 

ステロイド注射

 

炎症が酷いときに用いられるのがステロイド注射です。四十肩の場合には、急激に痛みが襲ってくることもあります。このようなときに用いられるのがステロイド注射です。

 

ただし、ステロイド注射は比較的早く痛みが引くというメリットがある反面、糖尿病患者には使用できませんし、関節を弱くしてしまう副作用が出ることもあります。そのため、ステロイド注射ではなく、ブロック注射を用いる人が多いでしょう。

 

四十肩の治療費用はどれくらい?保険適用あるの?

更新履歴
page top